無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

延滞や事故になる前に相談する

多重債務に陥る前に延滞や事故になった人はまだ運が良いかもしれません。
まだ債務整理の方法はいくらでも選択肢が有るからです。
しかし、多重債務に陥った挙句に万策が尽きて延滞や事故になった場合は、債務整理の選択肢は非常に限られてしまいます。
そこで、最善の方法は延滞や事故になる前に、配偶者や家族に相談することです。
相談すると配偶者や家族からは叱責を受けることになりますが、問題を先延ばしにすると今の日本の財政状況の様にリカバリーの方法が無くなってしまいます。
また、業者に相談する場合も、延滞や事故を起こす前に相談するのと、延滞や事故を起こしてから相談するのとでは業者の対応が違ってきます。
従って、自分の力ではもう返済は無理だと悟った場合は、無駄な努力や先延ばしをしないで早く相談することが家族の為でもあり業者のためでもあるのです。
多くの多重債務者にとってはある一定の時期に最早自力での返済は無理だと悟っていますが、家族や業者への相談を躊躇して問題の解決を難しくしています。
従って、家族や弁護士や業者への相談のタイミングとしては、延滞や事故になる前が1つのポイントなのです。
また、仮に延滞や事故になってしまった場合でも、1日でも早く誰かに相談することが必要です。


このページの先頭へ戻る