無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

債務整理の方法

債務整理の方法は任意整理と民事再生と自己破産の3つの選択肢があります。
まず、任意整理とは相手業者と債務の返済方法について相談することを意味します。
つまり、業者から借入をした時の契約に基づいた返済ができなくなったために、今後の債務の返済について具体的なプランを業者と相談して決めることになります。
つまり、債務者の収入と債務残高に応じて、毎月の可能な返済額や返済年数などを交渉する訳です。
この交渉の過程で、金利を減免するなどの選択肢が業者側から示される場合もあります。
そして、任意整理の交渉を債務者自身が行う場合は、業者も自社の交渉担当者が交渉に当りますが、債務者が弁護士に依頼した場合には業者側も顧問弁護士が交渉に当ることが多くなります。
そして、任意整理を弁護士に依頼した場合は、その後の全ての交渉は弁護士に委ねられて債務者が業者と交渉することはできなくなります。
次に、債務者の債務残高と収入や資産の状況によっては任意整理は無理で、民事再生に委ねられることになります。
民事再生手続は全て弁護士によって行われます。
更に、民事再生手続では債務整理が不可能な場合は自己破産を選択することになります。
任意整理と民事再生が返済を前提にした債務整理であるのに対して、自己破産は返済を諦めた人が選ぶところが決定的な違いと言えます。


このページの先頭へ戻る