無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

任意整理と民事再生と自己破産の選び方

債務整理をする場合に任意整理を自分で行う場合以外は弁護士が介在しますので、任意整理と民事再生と自己破産のどれを選択するかは弁護士と相談して決めることになります。
一般的には、債務の総額と残された資産の額と現在の収入を総合的に判断して、債務整理の方法を選ぶことになります。
債務の半分以上を返済する能力がある場合には任意整理を選ぶ場合が多く、住宅を残したい場合には民事再生手続を選択することになります。
そして、殆ど返済が無理と判断された場合には自己破産を選択することになります。
しかし、これは一般的な話であって、最終的には自分で選択する権利はあると自覚するべきです。
例え、弁護士が自己破産をすすめても自己破産したくない場合には拒否することもできますし、弁護士が返済できると判断して任意整理を提案してもゼロからの再スタートを希望する場合は自己破産を選択するべきです。
そして、任意整理と民事再生と自己破産の中からの究極の選択は、損得の選択ではないということです。
借りたお金の一部でも返済したいと考えるのであれば任意整理か民事再生を選べば良いし、自分の再スタートを優先するのであれば自己破産を選択すればよいのです。
多重債務者は犯罪者ではないのですから。


このページの先頭へ戻る