無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

自己破産とは?

自己破産とは多重債務を抱えた債務者が破綻して返済できなくなった場合に、最後に残された選択です。
債務整理を任された弁護士が債務者の債務総額と資産額と収入を総合的に判断して、債務総額を何とか圧縮すれば法的手続を踏まなくても返済できると判断した場合は任意整理となります。
そして、返済の可能性は有るが債務を大きく圧縮しなければならない場合は法的な手続である民事再生となり、債務総額の大きさから返済は困難と判断した場合は自己破産を選択します。
つまり、自己破産は究極の債務整理の方法で、確かにペナルティが多いことも事実です。
公民権の一部制限や通信の秘密の制限・居住の制限・財産管理処分権の喪失・職業的資格の制限(宅地建物取引主任者・証券外務員・保険外交員等)・個人信用情報機関に記録されるなどです。
これらの多くのペナルティから自己破産の暗いイメージが一人歩きしていますが、これらの公的なペナルティは手続期間中だけのことで実質的には半年間の我慢です。
只、個人信用情報機関に記録されることによって、ローンやクレジットカードは金融機関の判断で5年〜10年は発行されませんが預金は幾らでもできます。
そして、返済の可能性の無い多重債務者にとっては一から出直す唯一の方法で、実際に自己破産した人に言わせますと「こんなに簡単に借金が無くなるとは信じられない」とのことです。


このページの先頭へ戻る