無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

自己破産の申請までの手順

自己破産を考える場合はなるべく早く弁護士に相談することが大事です。
自己破産の場合は、自己破産などの債務整理を専門に扱っている弁護士に依頼しなければなりません。
インターネットで簡単に自己破産を取り扱っている弁護士や弁護士事務所を調べることはできますが、自信の無い方は最寄の弁護士会や法テラスに相談すると良い弁護士を紹介してくれます。
そして、自己破産の弁護士費用はトータルで30万円〜50万円掛かります。
従って、少なくとも弁護士の着手金として最初に20万円〜30万円は必要になりますから、多重債務で破綻した場合でも最後に20万円〜30万円は残しておかないと話になりません。
そして、弁護士との契約が終わると弁護士は各貸金業者に受任通知と取引履歴開示請求を発送し、先方が受け取った時点で債務者から全ての手続は弁護士に引き継がれます。
そして、債務額が確定すると破産手続に必要な書類の準備に入ります。
裁判所に自己破産を申し立てる訳ですから、相当数の書類を準備しなければなりません。
書類の準備ができたら破産開始決定の申立を裁判所に申請します。
申請後、裁判所から破産審尋と免責審尋の日程が送られてきますので、指定日に弁護士と共に裁判所に出向いて裁判官の簡単な質問に答えます。


このページの先頭へ戻る