無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

過払い金請求記事一覧

もともと金利に関する法律が2つあることから混乱が始まっています。その2つの法律とは利息制限法と出資法という法律です。利息制限法では「元金10万円以下は20%、10万円超100万円以下18%、100万円以下は15%以下の利息しか認めず、これ以上の利息は無効」となっています。一方、出資法は「貸金業者は29.2%まで、貸金業者以外の者は109.5%までしか利息を取ってはならず、違反すると5年以下の懲役も...
過払い金請求は裁判所に訴訟を起こしますから、最初に弁護士を選ぶことが第一歩です。過払い金請求の弁護士は、債務整理専門の弁護士か弁護士事務所を探して選ぶと良いでしょう。一般の弁護士でも問題ありませんが、慣れている専門弁護士の方が手続が早く終わります。債務整理専門の弁護士や弁護士事務所は、インターネットで直ぐに調べることはできますが不安な場合は最寄の弁護士会や法テラスに相談すれば専門の弁護士を紹介して...
過払い金請求訴訟のメリットは、訴訟に勝てる可能性が高いことです。既に裁判所の明確な判例がたくさん出ていますから、担当弁護士が資料を検討して提訴できると判断した場合は殆ど勝訴することができると言えます。過払い金請求訴訟に勝訴或いは和解すれば、当然のことながらグレーゾーン金利で払い過ぎた過払い金は原告に返還されます。しかも、その返還金に対して、過払い金が発生したと考えられる日からの金利を年率5%として...
世の中には裁判官や警察官でも犯罪を犯す人がいますから、全ての人が完全に信用できる訳ではありません。従って、弁護士の中にも悪徳弁護士が居ることは否定できません。また、消費者金融会社の顧問弁護士が会社との間に立って消費者金融会社側に有利な和解に導こうとすることも有り得ます。また、最悪なのは、最初から過払い金の被害者からお金を巻き上げることが目的で活動しているグループもあります。従って、最初に弁護士を選...
利息制限法と出資法という2つの法律の適用を曖昧にしてきた国や裁判所の不作為も問題ですが、やはり、この問題の本質はグレーゾーン金利を使って貪欲に利益を貪り続けた強欲な貸金業者の反社会的なビジネスです。サラ金問題が社会問題化しても暫くの間は裁判所も行政も全く動きませんでした。その間、大手消費者金融会社や商工ローン会社はグレーゾーン金利で莫大な利益を上げて、会社の内部留保として溜め込みました。また、大手...

このページの先頭へ戻る