無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

グレーゾーン金利とは?

もともと金利に関する法律が2つあることから混乱が始まっています。
その2つの法律とは利息制限法と出資法という法律です。
利息制限法では「元金10万円以下は20%、10万円超100万円以下18%、100万円以下は15%以下の利息しか認めず、これ以上の利息は無効」となっています。
一方、出資法は「貸金業者は29.2%まで、貸金業者以外の者は109.5%までしか利息を取ってはならず、違反すると5年以下の懲役もしくは1,000万以下の罰金を科す」となっています。
従って、この利息制限法の上限金利である20%と、出資法の上限金利である29.2%の間の金利をグレーゾーン金利と呼んでいます。
つまり、利息制限法には違反していますが、出資法には違反していないのでグレーゾーン金利と呼んでいる訳です。
しかも、利息制限法には罰則が無い為、違反してもお咎めなしだった訳です。
そこに目を付けたのが消費者金融会社でした。
消費者金融会社は出資法の上限金利である29.2%以下の金利で貸し付けて巨利を得ました。
やがて、消費者金融会社の内の大手は株式を上場するに至り、創業者は数千億円の巨万の富を得た訳です。
しかし、好事魔多しでこの辺りがピークでした。
その頃から、裁判所の判例に変化が見え始め、グレーゾーン金利が違法という判決が相次ぎ、過払い金問題が起きました。


このページの先頭へ戻る