無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

過払い金請求の利点と欠点

過払い金請求訴訟のメリットは、訴訟に勝てる可能性が高いことです。
既に裁判所の明確な判例がたくさん出ていますから、担当弁護士が資料を検討して提訴できると判断した場合は殆ど勝訴することができると言えます。
過払い金請求訴訟に勝訴或いは和解すれば、当然のことながらグレーゾーン金利で払い過ぎた過払い金は原告に返還されます。
しかも、その返還金に対して、過払い金が発生したと考えられる日からの金利を年率5%として受け取ることができます。
しかも、通常の過払い金請求訴訟の場合は、個人信用情報の事故情報には当らないため個人信用情報に記録されることはありません。
一方、過払い金請求訴訟のデメリットは、訴訟が和解にならずに争われた場合は時間が掛かる場合があるということです。
特に、控訴審まで争われた場合には1年以上掛かることがあります。
また、訴訟の判決が出て勝訴した場合でも、被告業者が直ぐに支払わない場合や財務状態の悪化で直ぐに支払えない場合があります。
更に、その様な過払い金請求訴訟を相次いで受けた貸金業者は倒産する場合も少なくありません。
東証1部上場まで果たした武冨士が倒産したのは有名な話です。
従って、過払い金請求訴訟は殆どが原告側が勝訴できる裁判ですが、原告が勝訴しても過払い金が回収できない場合があることが大きなデメリットと言えます。


このページの先頭へ戻る