無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

過払い金請求訴訟の悪徳弁護士

世の中には裁判官や警察官でも犯罪を犯す人がいますから、全ての人が完全に信用できる訳ではありません。
従って、弁護士の中にも悪徳弁護士が居ることは否定できません。
また、消費者金融会社の顧問弁護士が会社との間に立って消費者金融会社側に有利な和解に導こうとすることも有り得ます。
また、最悪なのは、最初から過払い金の被害者からお金を巻き上げることが目的で活動しているグループもあります。
従って、最初に弁護士を選ぶ時に注意しなければなりません。
自分で弁護士を探すのが不安な場合は、最寄の弁護士会や法テラスや役所にも相談を受け付ける部署がありますから相談すると良いでしょう。
また、弁護士を選任して訴訟を依頼した後でも、次の様なケースは要注意のケースと言えます。
1つ目は弁護士が請求額の7割程度の和解を申し入れてきた場合です。
原則として和解は満額回答しかありませんから、この様な場合は弁護士が業者側の利益を考えている場合が有り得ます。
2つ目は和解を急がせるケースです。
和解を急がせて落としどころを探っている可能性があります。
3つ目は弁護士や司法書士の報酬規定が複雑な場合です。
この様なケースでは後で追加の報酬を請求される場合がありますから、契約時に明確な報酬規定の提示を求めることが大事です。


このページの先頭へ戻る