無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

民事再生記事一覧

債務整理の中で任意整理と民事再生は債務の返済を続けるというところは同じですが、任意整理は貸金業者との和解交渉によって和解を得た金額についての債務の返済を続けていくことになります。一方、民事再生は法的手続によって債務を整理して返済を続けていくことが大きな相違点と言えます。また、民事再生は住宅ローンの残っている自宅をそのままにして、債務整理ができることが大きなポイントと言えます。つまり、大きな債務を抱...
民事再生手続も弁護士の選任が第一のステップで、弁護士は民事再生が専門の弁護士を選ぶことは言うまでもありません。そして、弁護士との正式な契約が交わされると、弁護士が債権者である各貸金業者に対して受任通知と取引履歴開示請求を発送します。債権者である各貸金業者がこれらの書類を受け取った時点で、債務に関する業者との連絡は担当弁護士に引き継がれることになります。従って以後、各業者は直接債務者に連絡することは...
民事再生の第1の利点はマイホームを残すことができることです。多重債務者の中には住宅ローンを抱えたマイホームを持っている人も少なくありません。しかし、任意整理の場合は借入総額を圧縮するために、住宅は売却して住宅ローンを返済し残金が有った場合は他の債務の返済に充てます。また、自己破産の場合も、生活費としての100万円程度の現金を除いて全ての資産を売却して債務の圧縮を進めます。そして、最終的に残った債務...
民事再生手続については余りよく知られていないため、自己破産に比べると社会的なイメージはそれ程悪くはありません。自己破産と聞くと「選挙権や公民権が無くなる」や「海外旅行ができなくなる」や「自分の預金ができなくなる」などの間違った理解をしている人が結構多いのに驚きます。実際のところは選挙権も有りますし、海外旅行も自由ですし自分の預金も持てます。つまり、刑事事件の犯罪者や禁治産者と勘違いしている訳です。...
民事再生は法的手続によって債務を整理して返済を続けていくことですが、住宅ローンの残っている自宅をそのままにして、債務整理ができることが大きなポイントです。また、民事再生は法的な手続ですから、手続は最初から弁護士の手に委ねられることになります。従って、まず、家族に民事再生手続を内緒にしたい場合は弁護士にその旨を伝えて、民事再生に関する書類のやり取りや弁護士との連絡方法を取り決める必要があります。只、...

このページの先頭へ戻る