無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

民事再生とは?

債務整理の中で任意整理と民事再生は債務の返済を続けるというところは同じですが、任意整理は貸金業者との和解交渉によって和解を得た金額についての債務の返済を続けていくことになります。
一方、民事再生は法的手続によって債務を整理して返済を続けていくことが大きな相違点と言えます。
また、民事再生は住宅ローンの残っている自宅をそのままにして、債務整理ができることが大きなポイントと言えます。
つまり、大きな債務を抱えた人にとっては自宅が残るということは、家族にとっても本人の生活にとっても大きなメリットと言えるからです。
また、任意整理は業者との和解ですから大きな債務の圧縮は望めません。
特に、最近の業者の傾向としては、過払い利息や将来の利息の減免には応じるものの、融資元金についてはビタ一文負けない姿勢が目立っています。
一方で、民事再生の場合は法的手続による債務整理ですから、最大で90%の債務のカットができる場合も有り得ます。
また、民事再生は自己破産と比べると、免責不許可事由による免責の拒否や資格制限が無いことが債務者にとっては大きなメリットと言えます。
しかし、これらのメリットは債務の総額と残された資産・将来の期待できる収入の3つの額によって民事再生が認められた人が享受できるメリットで、どの様な債務者でも適用できる制度ではありません。


このページの先頭へ戻る