無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

民事再生の欠点

民事再生手続については余りよく知られていないため、自己破産に比べると社会的なイメージはそれ程悪くはありません。
自己破産と聞くと「選挙権や公民権が無くなる」や「海外旅行ができなくなる」や「自分の預金ができなくなる」などの間違った理解をしている人が結構多いのに驚きます。
実際のところは選挙権も有りますし、海外旅行も自由ですし自分の預金も持てます。
つまり、刑事事件の犯罪者や禁治産者と勘違いしている訳です。
一方、民事再生の場合は一般的に知られていないことも手伝ってか、自己破産の様な暗いイメージはありません。
しかし、実際のところは債務は大きくはカットされますが、一部は返済しなければなりません。
その割には、ペナルティは自己破産と実質的にはそれ程変わらないのです。
まず、個人信用情報機関に金融事故情報としての記録が残るのは、自己破産と同様です。
つまり、ブラックリストに載ることを意味します。
そして、官報に住所と名前が載ることも自己破産と同様です。
それに加えて、民事再生も自己破産も少なくとも5年〜10年は個人信用情報に記録が残るため、キャッシング・ローン・クレジットカードは利用できません。
つまり、民事再生の欠点はイメージは悪くない手続ですが、実質的なペナルティは自己破産とそれ程変わりは無いのです。
極論すれば、全く返済しなかったか少し返済したかの違いなのです。


このページの先頭へ戻る