無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

任意整理とは

任意整理とは裁判所を通さずに和解交渉によって債務整理を行うことを意味します。
任意整理は弁護士に依頼しないで自分自身で行うことも可能ですが、業者の交渉担当者は債務整理が専門のプロの担当者か顧問弁護士が出てきますから弁護士に依頼する方が無難です。
そして、何よりも債務者にとってのメリットは弁護士に任意整理を依頼した時点で、銀行や消費者金融会社などの借入先との交渉から開放されることです。
任意整理に至る様な多重債務者の場合は、長い期間借金の返済についてのストレスを感じながら業者とのやり取りを行って来た筈です。
従って、債務者にとってはそのストレスから開放されるだけでも、任意整理の意義は有るのです。
そして、任意整理の第一歩は弁護士による借入額の調査から始まります。
多くの場合、特に借入総額が数百万円を越える金額のケースでは、実際の借入金額は債務者の把握している金額よりも最終的には大きくなります。
従って、最初の調査は任意整理を行う上では重要なのです。
そして、調査が終わると弁護士が各業者と個別に債務整理の減額交渉に入ります。
業者側も任意整理ではできる限り減額交渉に応じてくれます。
任意整理が不調に終わった場合には民事再生か自己破産しかないからで、民事再生の場合は業者に返済される金額が大きく減額されますし自己破産の場合は全く返済されません。


このページの先頭へ戻る