無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

任意整理の欠点

任意整理はあくまでも債務者と貸金業者との話し合いによる和解交渉ですから、たとえ弁護士が交渉を行っても貸金業者が和解案に応じなければ必ず和解交渉が成立する訳ではありません。
特に最近の傾向としては、過払い利息や将来の利息分を差し引いて計算した引き直し計算後の元金に対して、貸金業者は一歩も引かない姿勢を見せることが目立っています。
従って、任意整理は法的な個人再生手続や自己破産に比べると、返済額の減額の割合は低いことが最大の欠点と言えます。
つまり、債務者が貸金業者からの取立てから開放されることは一歩前進ですが、交渉結果によっては借金返済のための苦しい生活が続くことに変わり無い訳です。
更に、多重債務者の場合の交渉相手は数社から十数数社に上りますから、その中で和解案に応じない業者が出て来ると個別に民事再生などの法的手続を考えなければならないことも任意整理の欠点と言えます。
また、任意整理は債務者から見れば相談による正当な交渉の一つですが、貸金業者から見ると最初の借入契約を反故ににする契約違反行為と解釈できます。
従って、任意整理の和解交渉通りに完済したとしても、債務者は個人信用情報機関のブラックリストに記録され少なくとも5年〜10年はカードローン・クレジットカードは作れなくなります。


このページの先頭へ戻る